セルフディフェンス(護身術)


護身術腕十字

Second-Nature Photos/Shutterstock

柔術は武術をルーツとしています。セルフディフェンス(護身術)もその一つです。

ジェントルアーツの理念「自分が傷つかないのは当然ながら、相手も必要以上に傷つけない(by ヒクソン・グレイシー)」

相手を安全にコントロールする。柔術の技術の主眼は、安全性に置かれているのです。

※セルフディフェンスについてのご注意
格闘技の試合と違い、相手の体格や人数、技量の巧緻、武器使用の有無、不意打ちなど想定は無数に存在し、そのすべてに対応することはまず不可能ではないかと考えております。
セルフディフェンスと軽々と語れるものではありませんが、あくまで実戦のシミュレーションとしてエスケープの確率を高めるに過ぎないとご理解ください。

このページ「セルフディフェンス(護身術)」に関連する記事の一覧です